Made in Denmark🇩🇰 の高級チョコ

つぶやく シェアする

1週間の夏休み休暇はオーフス市内や近郊を巡ってゆっくりと過ごし、いよいよ明日から仕事に復帰です♪

さて先日、市内を巡っているついでに Salling 百貨店に寄りました。

画像1

Salling 百貨店のスーパーには、他のスーパーでは取り扱っていない商品や掘り出し物があったりするので面白いのですが、

今回はちょっと奮発して「Made in Denmark🇩🇰 のクラフトチョコレート」を買っちゃいました!

その名も Elmelund Chocolatier👇

画像2

デンマークのVordingborgという町にある小さな工場で作られているチョコレートで、なんと手作り!

しかも、箱にORGANICと刻印されているので、有機栽培のカカオから作られたチョコレートのようです。

しかもこのチョコ、お酒が練り込んであるそうで、上から順番に

ラムレーズン
コニャック
アイリッシュクリーム
ウィスキー

というフレーバー。

おおっ!なんだか休暇ならではのご褒美?! ということで買っちゃいました。

でも、16個入りで190クローネ(約3,420円)なので、1粒で200円以上という価格!(1粒の値段で、ダースチョコが2箱も買えてしまう😱)

今回が特別です >_<

***

ウキウキと帰宅して、夜に箱を開けてみると・・・

ジャーン!!

画像3

なんだか輝いてる!!

早速手に取ったのは、ウィスキー味。一口食べてみると、外はパリッとしたチョコで、中はお酒が練り込まれたクリーム状になっているチョコレートでした。

画像4

アルコールの風味が口に広がるなぁ!! これは大人向けのチョコだ😁

***

そうそう!チョコと言えば、毎日noteを書かれている è’木千衣さん!

世界中のチョコのティスティング評価をまとめている「Chocolate – the reference standard」という1000ページ近くある本を、毎日訳してnoteにアップされています。

もしかしたら、そこに掲載されているかも?!

そう思って調べてみたのですが、残念・・・。Elmelund Chocolatier は紹介されていませんでした(まだ訳されていないのか、そもそも本に掲載されていないのかは分かりません 笑)

その代わりに見つけたのが、デンマークの Friis-Holm というチョコレート。

#395 FRIIS-HOLM|荒木千衣(ちえころ@chiechocopan)

デンマーク(キエキェソービュ)★★★★ www.friis-holm.dk 製造段階:自社ですべて 価格帯:€€€€€ フリスホルムは、グルメ製品を製造および輸入する小さな家族経営の企業です。すべてはシャルフェンバーガーチョコレートのデンマークへの輸入から始まりました。訓練を受けたシェフのミケル・フリス・ホルムは、少しずつ範囲を広げていきました。たとえば、自分で選んだエルダーフラワーをシロップに加工します。シャルフェンバーガーの創設者との長期にわたるコラボレーションと友情を通じて、フリスホルムは2007年に特別な機会を提供されました。チョコファインココアカンパニーは、ロバートスタイン

https://note.com/chiechocopan/n/n4bfe465025b5

こちらのブランドは、チョコレートの祭典「サロンデュショコラ(日本)」にも登場していたチョコレートだそう。

へー、知らなかった。今度探してみよう。

***

さて、今回購入したElmelund Chocolatier。

実はSalling百貨店では、他の商品やフレーバーも取り扱っていました。

それも、一つの商品棚を全部!

画像5

アルコールフレーバーのチョコだけでなく、フルーツやナッツが入ったチョコや、板チョコなど種類が豊富。これ全部手作りで有機栽培カカオなのか。すごいなぁ。

Made in Denmark のチョコなので、高級感を漂わせた大人向けのお土産としては良いかもねっ!

つぶやく シェアする

\新着記事や🇩🇰の日常をツイートします/