スーパー🇩🇰のチラシで見かけた「おかしな日本語 」

つぶやく シェアする

我が家の近所にあるスーパー Lidl (リードル) は、色々な国をテーマした食品特売を開催してくれるのでかなり楽しみにしています。

覚えているだけでも、ドイツ、フランス、イタリア、ギリシャにロシアのテーマがあり、ハムやチーズなどの珍しいご当地の特産品や冷凍食品が店頭に並びました。

そして、明日から始まる特売のテーマはなんと 「アジア」です!!

国ではなく、アジアで一括りにされているところが、ちょっとしたツッコミポイントですが、笑ってしまったのはこちらのSurimi Sticksというカニカマ。

スクリーンショット 2020-01-04 21.53.06

「アジアの心臓」!?
なんじゃ、そりゃ。。。

食べ物に使うにはなかなかインパクトがあるキーワードです!

もちろん中国食品も「心臓ブランド」です。

「中国的心臓」なドラゴンフルーツアイスはいかがでしょうか?
ドラゴンフルーツが心臓に見えてきました・・・。

スクリーンショット 2020-01-04 22.15.58

Lidlはドイツ系のスーパーで、ヨーロッパ各国に進出しているのですが、ネットで「アジアの心臓」を検索すると、本国ドイツは当然のこと、フランス、スペイン、イギリスなど、色々なところで変な日本語として突っ込まれていますね 笑。

多分、 Heart of Asia と書きたかったんだろうなぁと思うのですが、1999年にちょっと流行ったトランス曲「Heart of Asia」がフラッシュバックして、ちょっと懐かしい気持ちになりました。

うわぁー、21年も前の曲だ・・・。

坂本龍一の「戦場のメリー・クリスマス」をサンプリングしたHeart of Asia

つぶやく シェアする

\新着記事や🇩🇰の日常をツイートします/

「スーパー🇩🇰のチラシで見かけた「おかしな日本語 」」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: スーパーLidlの「北京ダック」は美味だった話 - Living in Denmark

  2. ピンバック: スーパーLidlで買った「ドイツの伝統ソーセージ」が美味しかった話 - Living in Denmark

コメントは受け付けていません。