🇯🇵→🇩🇰 準備に役立つ情報:現地の銀行口座編

つぶやく シェアする

前回は海外送金にお勧めなWiseの紹介をしたので、今日はデンマークの銀行口座について紹介しようと思います。

意外に大変な銀行開設

デジタル化が進んでいるデンマークでは銀行口座開設もオンラインで楽ちん!と思いきや・・・、実はかなり時間がかかります(苦笑)

銀行開設の手続きそのものはアプリやWebサイトで完結するのですが、バックオフィスの人手が足りないからか、手続きにものすご〜く時間がかかります。多忙期だと1、2ヶ月ぐらい待たされることも珍しくありません。

しかも、口座手数料がかかる上に一定金額以上の預金があるとマイナス金利でお金を払わないといけない罰ゲーム付きです。

一方で、デンマークはほぼ完全にキャッシュレス社会なので、日本のクレジットカードがあれば現金がなくても普段の生活にはまったく困ることがありません。また、振込や現金が必要な場合でも、前回紹介したWiseを使えばなんとかなっちゃいます。

また、収入がない方は銀行口座開設を断られることもあり、必ずしも作れるわけではなかったりします。

そのため、状況によってはわざわざ時間をかけて口座維持手数料が発生する銀行口座をあえて作らないというのも作戦としてアリです。

銀行口座を開設すべきかどうかの判断基準(参考用)

というわけで、銀行口座を開設すべきかどうかの判断基準として参考に使えるチャートを作ってみました〜。

画像

ちなみに、デンマークに来てから最初の1年間、僕は奥さん応援隊(主夫)だったので、まさに収入がなく、学生でもなく、アラフォーという状況。

そこでデンマークの銀行口座を作らずに最初の1年を生活しました(正確には作ろうとしたらものすごい高い口座維持料を言われたので諦めた)。それでも日本のクレジットカードとWiseのデビッドカードでまったく問題なく過ごすことができました。

ちなみに現在は働いているので、銀行口座を開設しました(デンマークの法人から給与を受け取る際は、デンマークの銀行に口座を作る必要あるからです)

銀行口座を作らないデメリット

デンマークの銀行口座を作らないデメリットをもし挙げるとするとMobile Payが使えないこと。

Mobile Payはデンマークで唯一のスマホ決済アプリ。電話番号と銀行口座を紐づける機能を持っているので、友達の電話番号にお金を送金することができたりします。

食事や飲み会に行く際など、貸し借りの精算や割り勘に使われることが多く、Mobile Payがないと友達とのお金のやり取りがちょっと面倒くさくなります 😅

銀行口座はどこがおすすめか?

ぶっちゃけ、これはなんでも良いかなってところです😅

まぁ、アプリやWebサイトが英語で表示できる👇の銀行ならどれでもさほど困らないと思います。

Danske Bank
Nordea Bank
Jyske Bank
Nykredit Bank (僕が使ってます)
Arbejdernes Landsbank(僕の奥さんが使ってます)

ちょっと噂話・・・
Danske Bankは一番の大手なので、利用されている方も多いそうですが、Danske Bankに勤めている知り合い情報で言うと「おすすめしない」とのこと。なぜかというと、Danske Bankが力を入れているのは法人顧客。個人顧客に対するサービスは必要最小限に抑えてるらしく、他の銀行の方が良いらしい😵 本当かどうか分かりませんが・・・

そうそう、上記以外にもLunar Bank Danmark ã¨ã„うデジタル銀行が最近話題です。口座手数料が無料だったり、マイナス金利時代にもかかわらず条件を満たすとプラス金利になったりととても魅力的。

以前まではEU国籍者でないと口座開設できなかったのですが、最近日本国籍の人も口座開設ができるようになったそう。

ただし・・・、過去の納税申告書や給与明細などを提出しないといけないらしく、デンマークに来たばかりの方が開設するはちょっとハードルが高いかも・・・。(Lunar Bankを開設された日本人の方がいらしたらぜひ教えてください〜)

***

以上、必ずしも銀行口座を作らないといけないか?というとそうでもないケースがあるというご紹介でした〜。

つぶやく シェアする

\新着記事や🇩🇰の日常をツイートします/